検索エンジン対策

検索エンジン対策のページでは、googleなどの検索エンジンに通知する情報を設定できます。本アプリを使用されている環境(テーマや端末)、検索エンジンによっては期待通りの効果を発揮しない場合もあります。また、設定の反映には数日かかる場合もございます。

 

設定できる項目は、「検索用ホームページタイトル」、「検索用ホームページ紹介文」「検索用キーワード」になります。

それぞれのフォームに適切な文章を入力することで、検索エンジンにホームページの情報を適切に伝えることができます。

 

SEO_001 SEO_002

 

 

①検索用ホームページタイトルの設定

こちらの項目では、検索結果の画面やwebブラウザの上部に表示されるタイトルの設定を行います。

トグルボタンで検索結果で表示するタイトルの切り替えができます。OFFのときは、ホームページに設定しているタイトルが使用されますが、ONにすると検索エンジンの検索結果表示画面で表示されるホームページのタイトルを個別に設定できます。

ホームページ内のタイトルと検索用のタイトルは別のものとなります。
検索用のタイトルを別のタイトルに設定しても、ホームページのタイトルが変更されることはありません。

 

②検索用ホームページ紹介文の設定

こちらの項目では、検索結果画面のタイトルの下に表示されるホームページの紹介文の設定を行います。

トグルボタンで設定の切り替えができます。OFFのままだと検索エンジンが自動的に生成した紹介文を表示します。ONにすると、検索結果画面でフォームに入力した文章を使用します。

紹介文も①のタイトルと同様、ホームページ内の紹介文とは別のものとなります。

 

③検索用キーワードの設定

こちらの項目では、検索エンジンが認識するキーワードを設定できます。キーワードはカンマ(,)で区切ることで複数入力することができます。多ければよいというものではないため、ホームページのテーマに沿ったキーワードを5〜8種類程度でご利用ください。

登録したキーワードが検索に使用されると、作成したホームページが検索結果に表示されやすくなります。

 

≪参考≫

ホームページの検索結果表示画面は次のような画面です。

SEO_003